新築・リフォーム お考えの方へ
  • 新築・リフォームお考えの方へ
  • ファースの家 誕生のきせき
  • 価格の真相
  • 美人住宅
  • 私たちの家づくり
  • お近くのファース工務店
  • 全国の見学会
  • お客様の声

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 新築住宅・リフォーム お考えの方へ > 価格の真相

価格の真相

家の建築価格は形状と仕様で全く異なる

そもそも家の坪単価とは、いかようにもその尺度を変える事が可能であり目安にはしづらいものなので、 坪単価が一人歩きしているようです。
極端な例ですが、幅1間(1.8m)、長さ40間(72m)の細長い住宅でも床面積が40坪(約130m2)です。
同じ40坪でも5間(9m)の8間(14.4m)のものもあります。

●平屋の場合の細長い方の壁面積
幅1.8m×高さ2.7m×2面+長さ72m×高さ2.7m×2面=398.52m2
●平屋の場合の四角い方の壁面積
幅9m×高さ2.7m×2面+長さ14.4m×高さ2.7m×2面=126.36m2
面積3倍で費用3倍に

同じ40坪を包む住宅の壁でも3倍以上もの壁面積が必要となり、外壁に面する部分には断熱材、気密材、防水材、その下には基礎工事が施されていますので、同じ床面積でこの部分だけでも3倍以上の費用がかかる事になります。

大きさによって異なる坪単価

家の坪単価は、その家の大きさによって異なって参ります。

戸建住宅では、どんな家にも工事単価が高額になる玄関、トイレ、キッチン、洗面台はじめ、衛生設備などは必ず取り付けられる事になります。これに冷暖房も含めた設備工事の費用が通常、総工費の約50%近くになります。40坪の坪単価50万円、総工費2,000万円の住宅で、1,000万円程度の費用が伴うのです。

この設備費を入れなければ坪25万円と言う事になりますが、小さな家の場合、坪単価が膨大な金額となってしまいます。当然、大きな家の坪単価は、大きさにほぼ逆比例して小さくなるのです。
このように家の大きさによって坪単価が大きく変動するのです。

坪単価
小さい家と大きい家の坪単価

誇大に宣伝される構造の安全性能

高気密・高断熱の住宅と訴えたところで、そうでない住宅との冷暖房費がどれほど異なるのかを正確に明記した住宅工法が殆ど存在しておりません。住宅の冷暖房費用は、家屋内の気温を暖めたり、冷やしたりするだけでなく、空気中に含まれる湿気によって冷暖房のエネルギーが大きく異なってきます。

エアコンメーカーは当然、この湿気に含まれる熱量(潜熱と言う)を除去して、室温をあまり下げずに冷房が出来、また上げずに暖房の出来る機能を持たせたエアコンを作っております。
しかし、住宅そのものがその機能を全く活かしきっていないのです。

潜熱コントロール(調湿)の出来る家づくりを行なえば、冷暖房費も当然ながら省エネとなるだけでなく、冷やした熱、暖めた熱を身体にあてる冷暖房よりはるかにクオリティの高い快適な居住空間を構築する事が出来ます。

この設備費に費用がかかりますが、確実に光熱費などで回収できる費用となるでしょう。
ところがこのような温熱性能は住んでからでなければ、実感が出来ないため、施工工務店様、住宅販売会社、ハウスメーカーなどの多くは、デザイン重視の住宅販売に軸足をおいているのが現在の実情と言えるでしょう。

温熱性能と住宅価格

各地で大きな地震が発生し、住む人の不安を煽っており、その地震のたびに地震対策グッズが売れると言います。
ところが半年もすればその不安も何処かへ消え、耐震グッズの売れ行きが止まってしまいます。

現在の建築基準法をしっかりと遵守すれば、阪神大震災や中越沖地震のような数百年に一度の震災に、人災を起こさない程度の耐震強度は担保されています。

既存住宅の補強工事は必要ですが、新築を考えるのであれば、建築基準法を遵守した家づくりを実践する事です。
この建築基準法を遵守したからと言って建築費があがるような事は在り得ないのです。
それ以外の特別な耐震装備は、プラス要素と言う「安心」にお金を支払う事になります。
この「安心」にお金をかけるのは、個人の価値観によって異なりますが、販売業者の誇大な宣伝に惑わされている人々も多いように思われます。

「ファースの家」の建築費は

「ファースの家」も一般住宅同様に、大きさや使用する建材、構造材、設備の仕様などで建築価格が大幅に異なってきます。「ファースの家」といっても特別なものではなく、温熱環境に関わる部分により多くの工夫をしているに過ぎません。よって、比べる住宅によりコストが上がる、下がる、といった違いが出てきてしまいます。

現在、一般的な工務店が行う断熱仕様の住宅と比べると、坪単価で10万円ほど高くなる場合もありますが、
ハウスメーカーが販売している商品と比べると、坪単価で10万円以上も安くなる場合もあります。

「ファースの家」は、パネルの要らないソーラーハウス、90年間の大規模改修の要らない高耐久仕様、輻射冷暖房の出来るマイルド空間、Q値(熱損失係数)1.5W未満の省エネ仕様、調湿機能などのファース基本性能を全て組み込んだ価格体系、そして、住んだ後の光熱費、メンテナンスコストを勘案し、判断していただければ幸いです。

なお、正確な「ファースの家」建築費用をお調べ頂く場合は、お近くのファース加盟工務店にお問合せください。

ページ上部へ