新築・リフォーム お考えの方へ
  • 新築・リフォームお考えの方へ
  • ファースの家 誕生のきせき
    • 一番大切なこと
    • 高気密・高断熱を実現したい!
    • 日本の湿気を何とかしたい!
    • ガスが使えない?!
    • 大事な耐震のこと
  • 価格の真相
  • 美人住宅
  • 私たちの家づくり
  • お近くのファース工務店
  • 全国の見学会
  • お客様の声

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 新築住宅・リフォーム お考えの方へ > 誕生のきせき >  日本の湿気を何とかしたい! > 茅葺き屋根の家を参考に

ファースの家 誕生のきせき

日本の湿気を何とかしたい!

1.茅葺き屋根の家を参考に 2.調湿と空気循環を考える
調湿の出来る機能は茅葺き屋根(かやぶきやね)の思想から

真冬の日本列島は、沖縄以外、暖かいところなど存在いたしません。北海道の寒さは誰もが知るところですが、一番暖かいと言われる宮崎県でさえ、暖房なしで冬を過ごす事など出来ません。これは気温が0℃に近くなるのに加え、湿度が極端に乾くからです。

真冬の北海道は湿度80%、日本海側の北陸でも60%、太平洋側では30%を切るような時もあります。しかし、これは相対湿度と言って、気温と言う湿度を抱える器の大きさで割合が異なっているだけです。真冬の日本列島の絶対湿度(実際に空気中に含まれる湿気量)は、北海道も北陸も宮崎もそんなに大きな変わりはなく、快適絶対湿度7g/kgに対して、およそ2g/kg~3g/kgくらいなのです。

茅葺き屋根

茅葺き屋根

空気が乾燥すれば、70%が水分だと言われる人間の身体から猛烈に湿気が蒸発しやすくなり、一緒に体温を奪うのです。逆に夏場は蒸発し易くする事が理想なのです。つまり、住まいは、夏冬通じて一定の湿度に保持する事が出来れば理想的な環境となるのです。その調湿機能を自然現象で発揮していたのが茅葺き屋根(かやぶきやね)の家だったのです。

冬暖かく、夏涼しい茅葺き屋根の家

茅葺き屋根は夏場の一時期において、梅雨時期で茅葺き屋根の萱に溜め込んだ大量の雨水を、高い気温や太陽熱によって猛烈に蒸発させます。この蒸発する際の気化熱(蒸発潜熱とも言うが、人間の肌に揮発性の高い液体を垂らすとヒヤッとするのは気化熱で体温を奪うから)で家屋内の熱を外部に放散させます。気密性のまったく無い茅葺き屋根では自然冷房の役割を果たしています。当然、住む人の身体からも体温を奪うために、気温が高くとも涼しく感じます。乾燥する真冬には、茅葺き屋根から湿気を家屋内へ放出して調湿を行い、住む人の身体から体温を奪う事を防止する効果を発揮いたします。

茅葺き屋根住居の内部

茅葺き屋根住居の内部

茅葺き屋根は、開放の思想を大切にする日本の家屋の文化を、開放したままに家屋内の調湿を行なって、冬暖かく、夏涼しく、四季を通じて快適な居住空間を保持していたのです。

この開放の思想を大切にしながらも、調湿を行いながら暖かい、涼しい、カビや腐朽菌がなく、高寿命の家づくりのヒントは、まさにこの茅葺き屋根に在ったのです。

高気密住宅でガスは燃焼しません

私達は、樹脂のスプレー発泡により、外部からの気温、湿気などの影響を完全に防ぐ事で、真の断熱住宅を構築する機会を得て現在の「ファースの家」の原型が出来上がりました。

現代社会では、茅葺き屋根の家を住宅地域で行う事など出来ないのです。消防法や建築基準法などの法的規制、それに萱材料の入手が困難で更に職人がおりません。純粋な茅葺き屋根を再現する事は叶いませんが、その思想を新建材で上手に工夫して生かす事が出来ました。

開放の思想を生かすために、構造体や内装部材を完全に循環する家屋内の空気に触れさす構造としました。その上で、湿気や気温が激しく上下する外気温からの影響を断じるための断熱、気密層の構築で可能となりました。

ところが、このような超高気密の家の内部では、ガスや石油が燃焼いたしません。勿論、大型の換気扇を稼動しても燃焼しないのです。それは、気密性が高いために、換気扇を稼動させても、家屋内が負圧状態(真空状態)となり、換気での排気が出来ないのです。

この時に窓を開けたり吸気を行えば燃焼しますが、乾燥した冷たい空気を入れない、湿気の多い蒸し暑い空気を入れないための、気密を高めた意義を逸してしまいます。つまり、必要最小限の換気量を保持する必要性があり、燃焼ガスを発生できないのです。即ち、高気密・高断熱住宅は必然的にオール電化とならざるを得ないのです。

ページ上部へ