新築・リフォーム お考えの方へ
  • 新築・リフォームお考えの方へ
  • ファースの家 誕生のきせき
    • 一番大切なこと
    • 高気密・高断熱を実現したい!
    • 日本の湿気を何とかしたい!
    • ガスが使えない?!
    • 大事な耐震のこと
  • 価格の真相
  • 美人住宅
  • 私たちの家づくり
  • お近くのファース工務店
  • 全国の見学会
  • お客様の声

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 新築住宅・リフォーム お考えの方へ > 誕生のきせき

ファースの家 誕生のきせき

昭和後期から、注文住宅業界では「高気密・高断熱の必要性」が唱えられるようになりました。
冬の間、沖縄以外の日本各地では暖房を使用しなければならず、かかる暖房光熱費が莫大だったからです。

福地建装では1981年(昭和56年)頃から取組み始めましたが、ひと言に「高気密・高断熱」を実現するといっても、
日本は夏の平均気温と平均湿度が極端に高く、冬は極端に乾燥するという特異な気候だったため課題が山積みでした。

まずは「湿度」の問題をクリアにするというのが最大の課題となりました。

一番大切なこと

家は、構造・温熱性能だけはで成立しません。家は、何百万個の備品・部品が相互に役割を果たして居住空間が成り立ちます。その備品・部品・装置は、時が経てば劣化していくので、快適に過ごすためには半永久的なメンテナンスが必要なのです。

詳しく読む

高気密・高断熱を実現したい!

断熱材の研究

グラスウール

グラスウール

福地建装が1981年(昭和56年)当時、最初に研究したのがグラスウールでした。
グラスウールは、短いガラス繊維でできた綿状の素材で、その綿の中に乾燥した空気を含んだ状態を保って断熱効果を発揮させる断熱材です。しかし、日本の気候ではそのまま対策を施さないと湿気を含み、カビや腐食菌の発生につながってしまいます。

ビニールハウスを参考に?

グラスウールの研究をしていく中で、断熱材だけでは暖かい家にはならないということが分ってきました。厚い断熱材があっても隙間があると、そこから熱が逃げてしまうからです。そこで当社の目の前にあったビニールハウスに注目しました。

詳しく読む

スチレンフォーム

スチレンフォーム

1983年(昭和58年)からは、断熱材にスチレンフォームを使用するようになりました。スチレンフォームとは発泡スチロールのひとつで、セル膜といわれる気泡の中に断熱性の高いガスを閉じ込めて断熱性を確保する断熱材です。

詳しく読む

ウレタンフォーム

ウレタンフォーム

今度は断熱材として、より熱に強いウレタンフォームを使用することになりました。
ウレタンフォームとは、ポリウレタンを原料とする多孔性の合成ゴムのことで、120℃くらいまでの熱に耐えられますが、「可燃物で燃えやすい」という弱点がありました。

詳しく読む

パネル工法

パネル工法

断熱材の研究と共に、施工の技術的方法も研究していきました。今では、全国的に採用されているパネル工法にも挑戦してみました。福地建装では、現在パネル工法を採用していませんが、内断熱と外断熱の良いところを取り入れた「ファース工法」の「半外・半内断熱方式」を考えるきっかけとなりました。詳しく読む

遂に、専用断熱材登場!

エアクララ

1988年(昭和63年)、冷蔵庫や冷凍庫に使用されていた、ウレタンの吹付けによる断熱法に着目し、木造住宅に採用する研究を始めます。そして、1989年(平成元年)、遂にファース工法専用の吹付け硬質ウレタンフォームが完成しました!

詳しく読む

専用サッシの研究

住宅の構造部分の断熱材や、断熱の施工の技術的方法を研究してきましたが、家の温熱環境は総合機能で決まります。家全体から逃げる熱量の3分の1が窓からであり、残りが床、壁、天井といわれています。
そこでサッシの研究を進めたところ、課題は窓の開口部にあるとわかりました。

詳しく読む

日本の湿気を何とかしたい!

茅葺き屋根の家を参考に
茅葺き屋根の家

日本は、夏の気温35℃、湿度85%で高温多湿、冬の気温0℃、湿度22%で極端に乾燥するという特異な気候です。住宅の温度と共に、適切な湿度に保つことが、人の健康にも快適さにも大きくかかわります。そこで、調湿機能を自然現象で発揮していた昔ながらの日本の家、「茅葺き屋根(かやぶきやね)の家」に注目します。

詳しく読む

調湿と空気循環を考える

ファースシリカ

ファースシリカ

人は、1日に1人当たり約10リッターの湿気を出すといわれています。
快適な家となるためには、年間を通じて家屋内の調湿をはかる必要があります。
高気密・高断熱の条件下では、茅葺き屋根の家のように、家屋内で発生する生活発生水を家屋内に溜め込む必要があります。そこで乾燥剤のシリカゲルを加工した調湿空気清浄剤「ファースシリカ」を開発しました。

詳しく読む

AIキット

AIキット

住宅の内部結露を防止するためは、家屋内で低温部分や高湿度の部分などの偏りが出来ないようにする必要があります。ファースシリカできれいに適切な湿度になった空気を、循環させる仕組みを完成させました。
それが「ファース工法」独自の健康空気循環システム「AIキット」です。

詳しく読む

ガスが使えない?!

断熱樹脂サッシの研究

高気密・高断熱と調湿を完成させた「ファース工法」でしたが、ガスが燃焼しないという課題がありました。完全気密の住宅では炎を燃やすと、真空に近くなり、やがて酸欠状態におちいり消えてしまいます。
窓を開ければ解決できますが、それでは意味がありません。そのため、オール電化住宅となりました。

詳しく読む

経済性をアップする

福地建装では1985年(昭和60年)頃、日本で初めてのノンガス、ノンオイルの今でいうオール電化住宅をつくりましたが、当時はとても経済的とはいえませんでした。
その後、温水器や蓄熱暖房器などは、深夜電力を活用し、余剰設備の有効活用、CO2排出量の低減などの社会的貢献、地球温暖化、少子高齢化など社会のニーズにあったものになっています。

詳しく読む

大事な耐震のこと

どんなに環境・設備が整っていても、地震や台風などの自然災害にも安心できる強度が伴っていなければなりません。「ファースの家」は、気密・断熱を目的に構築した樹脂断熱材が構造の強化に役立っており、充分な耐震性と強度を保っています。過去にいくつかの震災に遭遇した時も、被害を最小限に抑えました。

詳しく読む

ページ上部へ