新築・リフォーム お考えの方へ
  • 新築・リフォームお考えの方へ
  • ファースの家 誕生のきせき
    • 一番大切なこと
    • 高気密・高断熱を実現したい!
    • 日本の湿気を何とかしたい!
    • ガスが使えない?!
    • 大事な耐震のこと
  • 価格の真相
  • 美人住宅
  • 私たちの家づくり
  • お近くのファース工務店
  • 全国の見学会
  • お客様の声

株式会社福地建装 代表取締役会長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
ご挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

会長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
  • 福地建装 SDGsの取り組み
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 新築住宅・リフォーム お考えの方へ > 誕生のきせき >  高気密・高断熱を実現したい! > 断熱材の研究 グラスウール

ファースの家 誕生のきせき

高気密・高断熱を実現したい!

1.断熱材の研究 2.専用サッシの研究
グラスウール 右矢印 スチレンフォーム 右矢印 ウレタンフォーム 右矢印 パネル工法 右矢印 エアクララ
昭和56年から断熱素材研究を

1960年代(昭和時代の後半)、私達の住宅業界には、にわかに高気密・高断熱の必要性が唱えられるようになりました。寒い冬に使用する暖房光熱費が莫大であり、特に寒冷地の家づくりには、高気密・高断熱が不可欠であると言う理由でした。この時点では暖かい住まいを造って暖房費用の省エネを目論んだものだったのでしょう。

グラスウール

グラスウール

弊社、福地建装は1981年(昭和56年)頃から暖かい家づくりのための断熱材の挿入法、素材探求などに試行錯誤を行なっておりました。当時、断熱材はグラスウールだけしか存在しないものと思っておりました。しかも、そのグラスウールは、その綿の中に乾燥した空気を静止させて断熱効果を発揮させると言うもので、理屈に見合った施工法を模索しておりました。

湿気を抱えたグラスウールは、湿気を含んだ布団と同じで、暖かくないだけでなくカビや腐食菌発生の要因ともなります。そこでグラスウールを乾燥させたまま保持させるための施工法ですが、それはとんでもない困難な研究でした。

グラスウールの外側に細かい穴を開けた15mm程度の簡易断熱材を張り込む事で、乾燥した空気を静止し易くなり、ひとまず安堵した時期がありました。床、壁、特に押入れやクローゼットの床や壁に挿入したグラスウールを、長期間に渡り乾燥したままにしておく事に、何とか可能性を生み出したと言うところでした。

暖かい家づくりに少しは近づいたと思っていたのですが、断熱材をいくら厚くしてもそれに見合う断熱効果を得る事が出来ませんでした。

高温多湿の日本の気候と言うが

北欧の寒い国々での断熱方法は、多くがグラスウールでなされており、何十年もそのグラスウール断熱材を乾燥させたままの空気を静止させ、断熱効果を保持しております。この北欧の断熱手法を調査しますと、200mm~300mm以上もある壁の厚さがあり、その中の全部が、びっしりとグラスウールなどの断熱材だけで埋まっております。日本のように暖かい地域の断熱材は薄くしても良いなどと言う規準など制定しておりません。

南北に細長い日本列島は、南下するほど断熱材の厚さが薄くなるような規準をつくっておりますが、そのために壁の中には、断熱材が薄くなって出来た空隙が出来ております。この空隙を、断熱を挟んで空気が対流し、断熱効果を完全に損ねているのです。

更にグラスウールが湿気を含むのは、高温多湿の日本の気候が大きく作用しているものと調査してみました。ところが年間を通じての湿度は、北欧などと大差がありません。むしろ若干、日本の本州の方が平均湿度が低いくらいです。

日本の年間の平均湿度は決して多湿だと言う事になりませんが、もっと深く調査しますと、夏場の湿度だけが極端に高くなり、冬には極端に乾燥します。欧州の夏は気温が30℃を超えますと湿度は40%前後まで下がり、日本の夏のように気温33℃、湿度80%などにはなりません。壁体内に空隙があるのと日本の夏場の多湿が大きな課題となっていたのです。

断熱材だけで暖かい家にならない

暖かさをつくるには気密性能が絶対条件である事がしだいに判ってきました。

断熱材の厚さをその熱伝導率で割ると熱抵抗値を算出する事が出来ます。つまり、断熱材は厚いほど暖かい家になる理屈になる事から、これでもか、これでもかと想いを込めて断熱材を充填したのですがさっぱり暖かい家になりません。よくよく研究しますと厚い断熱材のその部分から逃げる熱量は確かに少なくなりますが、その断熱材の隙間から大量の熱を放出している事が判りました。

どんなに断熱材を厚くしても、隙間があれば冷たい空気が浸入し、人間の居る床付近に停滞し、暖かい空気を人間の居ない天井付近に押し上げ、膨張した空気は隙間から猛烈に外部に放出してしまいます。暖かい家をつくるには、断熱材の厚さを増すより隙間を徹底して埋め込む方が、はるかに効果的である事がしだいに判明してきました。

ビニールハウス

ビニールハウス

ヒントになったのは、当社の会社の前にいくつも並んで作られているビニールハウスです。この0.5mmのビニール一枚には全く断熱効果などなく、気密性能だけで真冬のハウス内の温度をキープしているからです。

つまり暖かい家をつくるためには、断熱材の素材や厚さより、隙間を作らない工夫の方がはるかに重要であると言う事を悟ったのです。グラスウール断熱材で包んだ住宅の中にビニールハウスをもう一層、構築すると言う発想です。

ところがそのビニールの微細な隙間から漏れた内部の湿気が、グラスウールの外壁側に凝結して内部結露になる現象を確認し、暗澹たる思いに浸った時期もあったのです。

結露のない気密住宅をつくる難しさ

家に隙間を作らないようにと理屈は判っていても、それが実際にはとても困難な施工法を伴うものです。

ビニール施工

ビニール施工

最初はグラスウールの外側にビニールハウスのビニールを打ち込みました。ところが施工中からそのビニールに水滴らしきものが付着し、直ぐに内部結露が発生したものと判りました。それを剥がして内側に張り直しをしたものですが、施工時期が冬場だったので内部を暖房してお湯を沸かしていたので、この内部結露の発生を確認できました。

家屋内を20℃に暖房し、快適な湿度と言われる50%の時の露点温度は約9℃です。壁の中や床のグラスウールの外側は外気温によって、常に9℃以下になっている場合があります。つまりどのような家でも内部結露を起こす可能性があると言う事です。その低温部分を作らないために懸命に気密施工を試みました。

ところが、家の内部からビニールを張り込むと言う事は、梁、火打ちなどの突起物が無数にある事から困難を極める事になります。また、ビニール素材に経年硬化などの性能劣化、そして建材を打ち付ける釘穴、ビス穴などからの漏気現象などが確認できました。ビニールや後に販売されるポリフィルムによる気密性能の構築と性能保持に限界を感じ、見切りを付けたのが1981年(昭和58年)の年でした。

ページ上部へ