新築・リフォーム お考えの方へ
  • 新築・リフォームお考えの方へ
  • ファースの家 誕生のきせき
    • 一番大切なこと
    • 高気密・高断熱を実現したい!
    • 日本の湿気を何とかしたい!
    • ガスが使えない?!
    • 大事な耐震のこと
  • 価格の真相
  • 美人住宅
  • 私たちの家づくり
  • お近くのファース工務店
  • 全国の見学会
  • お客様の声

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 新築住宅・リフォーム お考えの方へ > 誕生のきせき >  高気密・高断熱を実現したい! > 断熱材の研究 スチレンフォーム

ファースの家 誕生のきせき

高気密・高断熱を実現したい!

1.断熱材の研究 2.専用サッシの研究
グラスウール 右矢印 スチレンフォーム 右矢印 ウレタンフォーム 右矢印 パネル工法 右矢印 エアクララ
スチレンフォームの採用を
スチレンフォーム

スチレンフォーム

1981年(昭和58年)からの当社の家づくりは、内部結露を発生させる可能性の拭い去れないグラスウールに替り、断熱材にスチレンフォームを使用するようになりました。乾燥した空気を長期間に渡り静止させる事には責任を持てないと感じたからです。スチレンフォームは、セル膜と言われる気泡の中に断熱性の高いガスを閉じ込めて、断熱性能を確保する断熱材です。これなら内部結露のおそれはありません。

硬いボード状のスチレンフォームを柱、間柱の外側に張り込みますが、今で言う外断熱(外張り断熱とも言う)です。スチレンフォームを先ず一枚張り、その上にジョイントをずらしてもう一枚を張ります。そしてその張り合わせ部分を粘着テープで目止めを行なうのです。柱や間柱などの断点が出来ないのと、外側の場合、突起物がないのでかなりの精度で施工する事が出来ました。ところが出隅、入隅、下がり壁、複雑な立体構造などの場合、その施工は至難の連続となります。

特に垂直な外壁と屋根や天井との取り合い、床との取り合い部分は散々な苦労をする事になります。もっと深刻な事は閉じ込めたガスが抜けると収縮して断熱効果が低下する事です。これはグラスウールの内部結露と同様の深刻な課題となりました。

現在、一般に使用されているスチレンフォームは表面を熱処理してガスの抜けないような処置をしております。しかし、当時は、カット面が露出しており、一枚一枚ビニールを包装紙のようにして包み込んで施工するようになりました。ここまで行なうには相当の施工費がかかります。当時はこのような理屈をいくら訴えても理解してくれる人など殆ど居なかったのです。多くの方々から断熱マニアの独りよがりと揶揄する批判が殆どでした。

ページ上部へ