ファースの家とは?
  • ファースの家とは?
  • 健康住宅に必要な要素
    • 温度
    • 湿度
    • 空気洗浄
    • 空気の流れ
  • 健康住宅に必要な機能
  • 健康住宅に必要な構造
  • 長く住むために
  • ファース工法 専用部材
  • 今まで取得した公的認証・特許
  • 紹介動画
  • 家の温熱性能と健康寿命

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > ファースの家とは? > 健康住宅に必要な要素 > 温度

健康住宅に必要な要素 温度

どのくらいの温度が必要なの?

夏期は28℃前後、冬期は20℃前後の環境が快適
1
室内の温度が夏期は28℃前後、冬期は20℃前後の環境が快適です。
全室の温度差は4℃以下が理想
2
家の中で暑すぎる部屋や寒すぎる部屋がなく、家の内外・住居内の室間など水平方向の
温度差が同じ環境が快適です。
全室の温度差は3~4℃以下が望ましいと言われています。
輻射熱100%の環境が快適
3
室温と床、壁、天井の温度が同温度の場合で輻射熱100%の環境が快適です。
※輻射熱(ふくしゃねつ)とは…太陽の自然な暖かさに代表される、遠赤外線によって直接伝わる熱のことです。
「高気密・高断熱」の快適機能で温度をキープ

  家の隙間をなくす目的で断熱材は、家全体をシームレス状(放射状)に
  すっぽりと包む吹付け硬質ウレタンフォームを使用しています。

  窓は、外気を遮断するために、ファースの家の専用サッシを使用しています。

「しっかりとした換気」の快適機能で温度差をなくす

  屋外から健康空気循環システム「AIキット」で取り入れた新鮮な空気を、
  天井裏に取り付けた専用エアコンで快適な温度にします。
  その空気を「サイクルファン」で床下に送ると、天井裏と床下に気圧差が生じ、
  生じた気圧差が全室の空気を循環させて、温度を均一にします。

「省エネ・エコ」の快適機能で温度をキープ

【 自然エネルギーの活用 】
  季節によって変わる太陽光の角度を利用して日射熱を取り込む
  専用サッシを使用しています。
  太陽高度が高くなる夏は、太陽の日射熱が室内に入らないように遮断し、
  太陽高度が低くなる冬は、太陽の日射熱を家の中に取り込みます。
  「ソーラー住宅システム認定(次世代型)」として認定されています。


【 自動稼働の冷暖房 】
  オール電化で効率よく涼しさと暖かさを家の隅々までいき渡らせます。

ページ上部へ