北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編

株式会社福地建装 代表取締役会長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
ご挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

会長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
  • 福地建装 SDGsの取り組み
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 > 第4回 住宅110番

[ 2010.06.01 ] 住宅110番

家の新築後に建て主さんから建築業者への連絡は、そのほとんどが不具合を知らせる内容です。業者は、対応費用を抑えるため責任回避をはかりがちです。大金を支払った建て主さんは困惑します。 私たちはこのような建て主さんのため、ネット相談「住宅110番」というNPO法人を開設しています。北海道の住宅雑誌「リプラン」の編集長が主宰し、私も含む建築専門家がボランティアで回答作業をしています。

メールのやりとりですが、苦悩する建て主さんの様子は分かります。家づくりでは、外観、内観やキッチンなどは良くても、見た目に映らない、住んだ後の快適性、経済性などへの配慮が希薄になっているようです。内容は、住んでから感じる、寒い暑い、結露カビや冷暖房費用に関したものが多いのです。壁の中や床下など、見えない部分の断熱材などで温熱性能が決まります。住んだ時点から建て主さんと業者側が協力し合いながら、本当の家づくりが始まります。私は、回答書の最後に「施工業者さんと協力し合いながら建てた家をはぐくんで下さい」と添えることにしています。業者側の立場も考慮した進言が効いたのか、「何とか解決できました」との御礼メールは、私達ボランティア回答者を安堵させてくれます。

北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 一覧へ

ページ上部へ