北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 > 第6回 ホームレスの友人

[ 2010.09.03 ] ホームレスの友人

時々泊まるホテルの部屋から見下ろすと、向かいの銀行シャッター前に段ボールハウスを組み立てるホームレスがいます。ある日、夜9時半ごろ、ホテルに着くと段ボールハウス組み立て中だったその男性と話ができました。彼は理系のエンジニアだそうで、理知的で聡明ささえ感じさせます。

ホームレス暦3年目、朝の7時ごろ、掃除の人が来る前に片付けて立ち去るのだといいます。「おなかをすかした人の瞳は澄んでおり、自分もホームレスになってから顔の険が消えた。邪念が消えると瞳が澄み、今の自分の顔と目が好きだ」と語っていました。仕事に忙しい自分の目は、彼のように澄んでいないのではないか。その後、私は、彼と話をするのが出張の楽しみになりました。段ボールハウスの前に2人しゃがみ、話をすると彼の見る社会観を知ることができます。ある日、彼は「間もなくこの生活も終わりです」と、もの悲しい顔で語りました。翌朝、彼は7時前に自転車に荷物をまとめて朝もやの中に去って行きました。彼の人生に別な光明が見えたとすると、あの澄んだ目はどうなるのか。その後、何回もそのホテルに泊まったのですが二度と彼に会うことはありません。

北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 一覧へ

ページ上部へ