北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 > 第8回 ママの泣き笑い

[ 2010.11.20 ] ママの泣き笑い

「お久しぶり!」。訪れるたびに取引先の住宅資材販売店の奥さんは、いつも元気な声で迎えてくれます。この家には、障害を持つ12歳の男の子がおり、早朝から深夜までその子の世話、営業や事務、そして家事をこなしています。ところが先日、元気がありません。尋ねたら、知り合いから「頑張って」と言われたのだと。これ以上どう頑張れと言うのか。彼のために自分の時間がとられ心身ともにもう限界・・・。「頑張って」が腹立たしくなり、思わず憎まれ口をたたき、心が折れて涙があふれ出てしまったといいます。

それを聞いていた、車いすの男の子はいつもの無邪気さが消えうせ、しょんぼりとうなだれていました。元気で明るいママが落ち込んでいたからでしょうか。私は家事調停委員をしていて、その研修資料にあった「障害児を持つ家庭は平和な家族が多い」という統計を教えてあげました。障害児がいることで家族が協力し合い、自然に心が通じ合い、家庭が平和になる。彼女は、自由がきかない彼のため、努めて明るく元気に振る舞い、それが彼女の持ち味となり、店も繁盛させています。彼女は自分自身が息子の存在によって得られていることに気付いたようです。その後の彼女の元気さ明るさは以前にも増しているように見えました。

北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 一覧へ

ページ上部へ