北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 > 第11回 ビジネスマンの哀愁

[ 2011.04.17 ] ビジネスマンの哀愁

冷たい春風が吹く街頭の屋台で、背中を丸めて酒を飲む男性の後ろ姿に見覚えがありました。彼は先ほどまで私も参加した大手企業の会議を仕切っていた管理職です。彼の会議進行は理路整然と多くの意見を集約し、見事に方向性を見出します。私とは公私にわたって長い付き合いです。

いつもはつらつとした彼なのですが、後ろ姿には哀愁に満ちていました。隣に座ると「いらっしゃい!」とオヤジさんの声。彼と同じおでんのちくわとダイコンを注文し、「背中が寂しそうに見えたよ」と話しかけると、こっくりとうなずき、数日前に奥さんが子供を連れて出て行ったと言います。仕事人間の彼は家にいる時間が少なく、家庭に目配りが足りなかったのでしょうか。そこへ、オヤジさんの奥さんが「いつもありがとう!」と私たちに声を掛けながら入って来てオヤジさんに何かを手渡し、「どうぞごゆっくり」と爽やかな笑顔を残して帰って行きました。男が時に家庭を顧みず社会で戦うのは、妻や子のためでもあるのです。ですが奥さんとオヤジさんが交わした笑顔を見て、彼と「そのような男の思考や一方的な振る舞いこそが、家に残された家族を傷つけているのかもしれないな」と語り合いました。「家族を迎えに行く」。そう言って店の椅子から立ち上がった彼の後ろ姿から、哀愁が消えていました。

北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 一覧へ

ページ上部へ