北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編

株式会社福地建装 代表取締役会長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
ご挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

会長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
  • 福地建装 SDGsの取り組み
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 > 第12回 とび職の定年退職

[ 2011.05.28 ] とび職の定年退職

45年間、一緒に仕事をしてきた社員が定年退職となりました。私の原点は鉄骨とび職であり、彼は私のパートナーとして、ともに会社を創業した一人です。高所が苦手の彼は「登らないとび職」と言われ、高所作業する私たちを地上から支えてくれました。

彼や仲間と一緒に東京に出て、4畳半一間に4人で生活した時期には、工事現場から一足先に部屋に戻り、夕食の支度をするのも彼の役割でした。仕事が鉄骨の建て込みから木造に切り替わっても彼は3メートル以上の高いところには登りませんでしたが、浅草で買ったシルク風でピカピカの地下足袋を履き、「良いでしょ」と自慢げな顔でした。

東京から一緒に上磯町(現北斗市)に戻り、会社の業態は住宅システムの研究開発へと変わりました。技術系や事務系の社員が増えましたが、住んで快適な家かどうかを試すには実験ブースが必要であり、彼はその装置の骨格を造るのが仕事になりました。地下足袋を履いたとび職姿で「現場が面白い」と言っていた彼。私たちの仕事は、彼のような下から支えてくれる人によって成り立っているのです。退職した彼は、足腰が弱りはしたものの時々会社に立ち寄り、赤ら顔のニッとした笑顔を見せてくれます。その笑顔は東京の4畳半で暮らした時代と同じですが、足元はスニーカー。どうやらとび職を完全に卒業したようです。

北海道新聞掲載「朝の食卓」総集編 一覧へ

ページ上部へ