TOPICS

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。 社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > TOPICS > 日本経済新聞に続き今朝の北海道新聞にも「雪の積もらない屋根」記事

福地建装、ファースグループからのお知らせ

[ 2017.05.10 ]日本経済新聞に続き今朝の北海道新聞にも「雪の積もらない屋根」記事

ファース本部が開発した「雪の積もらない屋根」は、元々天井裏に冷暖房に使用するエアコンが設置されております。降雪地域では、もう一台の融雪用エアコンを取り付けます。
天井裏断熱としてネット下地にエアクララを発泡断熱しておりますが、これを屋根面断熱に帰る事で、断熱施工の費用は殆ど変わりません。

屋根のトタン下地の合板の下に6㎜スレートを張り、その下に高さ15㎝の空洞をコイル状になるよう、30㎜厚さで高さ150㎜の板を立てます。その突端にエアコンから送られた温風を流し込む口を開け、シロッコファンで天井裏の片方から引き込みます。
したがってエアコン一台とシロッコファン1台と集熱ホッパー程度です。

それに未来大学と共同開発した降雪センサー(数万円を想定)を設置する事で、雪の降る3時間前に温風ファンがオンになり、降雪が止むとオフになります。
これは温度、湿度と気象データを複合して予測しますが天気予報が晴れとなっていても突如して雪が降る場合がありますが、そのような降雪にも反応する事が確認されました。

先般の日経新聞は「雪の積もらない屋根」のハード部分の記事内容でしたが、今朝の道新には降雪予測センサーの事も詳しく掲載されておりました。

写真

更新情報 最新一覧へ

ページ上部へ