家づくりお役立ち情報
  • 家づくりお役立ち情報
  • 住宅業界最新情報
  • NPO住宅110番回答集
  • ファース住まい新聞
  • 高性能住宅の真実
  • 実験データ
  • よくあるご質問
  • 住まい講座

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 家づくりお役立ち情報 > 実験データご紹介

実験データ

各種断熱材による断熱性能を検証

今回の試験では、ファース専用断熱材「エアクララ」と100倍発泡ウレタンフォーム、グラスウール24Kを用意して断熱性能の比較試験を行った。

試験方法は、8㎥のサイコロ状実験ボックスの6面全部に、各断熱材を均等で正確に施工し、BOX内に100Wの電球を発熱させ温度変化を測定した。

上記グラフは、氷点下になる外気温に対し、電球の発熱でボックス内の気温が高い(熱が逃げない)方が断熱性能が良いと判断される。

最も外気温の下がった1月13日午前6時前後(マイナス17.4℃)で比較すると【エアクララ】6.0℃、【100倍発泡ウレタンフォーム】マイナス1.5℃、【グラスウール24k】マイナス3.3℃となっている。

グラスウール24Kを基準に断熱性能を比較すると、
【高】エアクララ>100倍発泡ウレタン>グラスウール(24K)【低】の順となる。

また、40坪の住宅で室温を全館20℃にキープした事を前提とし年間暖房費として試算すると、グラスウール(24K)仕様を基準とした場合に前述の温度差は電気料金(ランニングコスト)に置き換えると以下のような差となる。

  • ○100倍発泡ウレタン:1.2℃の温度差は5,854円/年に相当
  • ○ノンフロン発泡断熱材:4.6℃の温度差は22,439円/年に相当
  • ○エアクララ:10.3℃の温度差は50,243円/年に相当

※試算条件:建築地は札幌、熱源は深夜電力(電気料金:9円)を使用した蓄熱暖房器。
※ヒートポンプ暖房(エアコン含)においても、APFを勘案できるため、蓄熱暖房器と同等と推察される。

遮熱部材の効果を検証

今回の試験では、遮熱材を使用した時に、通気層が与える影響について試験を行った。

試験方法は、300mmのサイコロ状実験ボックスに、面体6面をスチレンフォーム(厚さ15mm)を使用したもの、そのスチレンフォームの表面に遮熱プレート(3mm)を貼ったものを基本試験体とした。

それを直に通気層を持たず、トタン材で覆ったものを【試験体1】とし、試験体とトタン材の間に10mmの空間(通気層)を空けたものを【試験体2】とする。

この試験体を弊社、敷地内に設置し直達日射を当てた状態で、トタン表面温度・通気層温度・試験体内部温度を測定した。

結果は、通気層無しの【試験体1】内部温度の平均値が約30℃、通気層有りの【試験体2】内部温度の平均値が約20℃と、10℃の差がついた。

トタン表面温度は、通気層無しの【試験体1】の平均値が約29℃、通気層有りの【試験体2】の平均値が約26℃と、トタン表面に同様な日射熱を受けていたにも関わらず3℃の差がついたのは、トタン表面で受けた日射熱がトタン裏面に伝わり、その熱が通気層から排熱できたものと、反射した熱が通気層が無いため逃げ場を失い、その熱がトタンと試験体内部に熱伝導して温度が上がった事による違いと推測される。

つまり、遮熱材自体は確実に遮熱する効果が確認されたが、遮熱した熱を逃がす通気層が存在しなければ、せっかくの遮熱効果が有効に働かなくなる事が判明した。

PDFデータをご覧頂くには、最新の「ADOBE READER」が必要です。
下記よりダウンロードしてご利用ください。
ADOBE READER

ページ上部へ