家づくりお役立ち情報
  • 家づくりお役立ち情報
  • 住宅業界最新情報
  • NPO住宅110番回答集
    • 工事ミス・トラブル
    • 契約・法規のトラブル
    • 設備や内装一般
    • 家の外回りについて
    • 結露と換気の問題
    • 構造・建材について
    • その他の問題
  • ファース住まい新聞
  • 住まいと電化のコラム
  • 実験データ
  • よくあるご質問
  • ファース本部主催イベント

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。 社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
  • 福地建装 SDGsの取り組み
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 家づくりお役立ち情報 > NPO住宅110番・相談回答集 > 工事ミス・トラブル > 室内の 空気環境が

NPO住宅110番・相談回答集 工事ミス・トラブル

- ただ今の総回答数1966件 -
工事ミス・トラブル
-ただ今の回答数692件-

床下浸水やアルミサッシの歪みなど、工事ミスやトラブルについての回答集です

室内の 空気環境が

[ 2018.04.17 ]質問者:かもめのマルソン

質問
お世話になります。
最近 部屋の中が埃っぽく 呼吸にも影響が出る程になり困っております。
研究所が調べたところ、その物質はグラスウールである事が分かりました。
その後の調査で、軒天の穴あきスレートから入った外気が、小屋裏に入り、
そこのあるブローイングも伴い、隙間から部屋に噴き出している事がわかりました。
その隙間は、コンセント・分電盤・スイッチパネル・シーリングの取り付け穴・給排水の取り出し口等の設備の取り付け部分である事がわかりました。
それらの部分も含め、巾木・壁の入り隅など考えられる部分は 全てコーキングで塞ぎ、又軒天のスレート・基礎コンクリートの換気孔も塞ぎました。
ある程度の効果は見られたのですが いまだに被害は止まりません。
どうやら 壁が煙突かわりになってたみたいで、既にその部分にもグラスウールの繊維が 付着しているのでは?と思われます。

そこで質問ですが、こんな場合、どのような改修方法が考えられるのでしょうか?

又 他にこのような事案を聞いた事はございますか?
忙しいところ 申し訳ありませんが 宜しくお願い致します。

家は 在来工法の総二階建て 無落雪タイプで 二階の小屋裏全てにグラスウール(ブローイング)が入っております。
新築はH4になります。 
 
宜しくお願い致します。
回答
どのような研究所でどのような調査をしたのが解りませんが、仰せのような事象で家屋内の空気が汚染されているとしたら大問題です。
日本屋内の断熱住宅の多くは、本件のような断熱手法を採用しているからです。
物理的に軒天から入った空気が天井裏のグラスウールやブローイングの繊維チリを伴って、壁の中を貫流して隙間から室内に侵入するとは、物理的に考え難い事象です。

壁の中のグラスウールは、ガラス繊維をフェノールと言う樹脂でバインドしてあるので繊維チリが飛散することはありません。
考えられるのは、天井裏のブローイング断熱材が乾燥すると繊維チリが分離することが考えられます。その場合は、ブローイングの上から透湿シートを、重ね幅を多くして被せます。そのことで繊維チリの飛散を防ぐことが出来ます。

間違っても防水シートのポリフィルムでは断熱性能が短期間で劣化します。
現状の汚染された室内空気は、片方の窓を大きく開けて、数台の扇風機で一気に入替を行う方法が適切かと思われます。
その対応策のあとに、再度にわたり研究所の方に調査を依頼すべきです。

NPO住宅110番・相談回答集 最新一覧へ

ページ上部へ