家づくりお役立ち情報
  • 家づくりお役立ち情報
  • 住宅業界最新情報
  • NPO住宅110番回答集
    • 工事ミス・トラブル
    • 契約・法規のトラブル
    • 設備や内装一般
    • 家の外回りについて
    • 結露と換気の問題
    • 構造・建材について
    • その他の問題
  • ファース住まい新聞
  • 住まいと電化のコラム
  • 実験データ
  • よくあるご質問
  • ファース本部主催イベント

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。 社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 家づくりお役立ち情報 > NPO住宅110番・相談回答集 > その他の問題 > 瑕疵担保責任の範囲

NPO住宅110番・相談回答集 その他の問題

- ただ今の総回答数1948件 -
その他の問題
-ただ今の回答数295件-

虫や騒音、振動など、その他の問題についての回答集です

瑕疵担保責任の範囲

[ 2018.02.13 ]質問者:順風満帆

質問
築5年目の住宅ですが写真のように軒下が水分を含んで剥げ落ちてしまいました。また、1階が作業場で土間になっていますが1年後には柱と柱に向かってひびが入りました。この2点は瑕疵担保責任として10年以内なら施工業者に無償で修理させることが法的にできるのでしょうか?
写真写真写真
回答
瑕疵担保履行法では、雨漏りと構造体の瑕疵に対して10年間、施工業者の責任を義務付けしております。
写真を見ると軒天欠落の要因が雨漏りかどうかの検証が先決となりそうです。
本件は屋根の勾配に並行した側の軒天に集中しているようです。
雨漏りでこのような事象を起こす場合は、屋根の下部の軒天が多いので調査すべきです。
雨漏りが要因なら当然、業者側の責任を負わせることが可能です。

基礎コンクリートのヒビは、当該ヒビで建物に何らかの不具合を生じさせた場合に責任を負わせることができます。
現時点での責任の有無は、この写真だけでの断定は困難です。
いずれにしても施工者と十分に協議すべきです。

NPO住宅110番・相談回答集 最新一覧へ

ページ上部へ