家づくりお役立ち情報
  • 家づくりお役立ち情報
  • 住宅業界最新情報
  • NPO住宅110番回答集
    • 工事ミス・トラブル
    • 契約・法規のトラブル
    • 設備や内装一般
    • 家の外回りについて
    • 結露と換気の問題
    • 構造・建材について
    • その他の問題
  • ファース住まい新聞
  • 住まいと電化のコラム
  • 実験データ
  • よくあるご質問
  • ファース本部主催イベント

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。 社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
  • 福地建装 SDGsの取り組み
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 家づくりお役立ち情報 > NPO住宅110番・相談回答集 > 構造・建材について > 断熱材(セルロースファイバー)の密度について

NPO住宅110番・相談回答集 構造・建材について

- ただ今の総回答数1959件 -
構造・建材について
-ただ今の回答数326件-

断熱性や防音性、構造の強さなど、構造・建材についての回答集です

断熱材(セルロースファイバー)の密度について

[ 2018.03.05 ]質問者:mitsu

質問
掲題の件について,宜しくお願い致します.

昨年,住宅を建てる際に断熱材をセルロースファイバーにしました.
IBEC等のホームページを見ると,セルロースファイバーにはそれぞれ
25K,45K,55Kと密度の違いがあるようなのですが,全て区分Cで
熱伝導率λも同じと言うことは,密度の違いによる性能差はないのでしょうか?

日本セルローズファイバー工業会のホームページを見てみたところ,
壁の充填には45〜55kg/m3 ,天井の吹き込みには25kg/m3との
記載が見受けられました.

同ホームページに載っていた表(添付写真参照)をみても同様のようですが,
自宅の仕様書を確認したところ,天井,壁,床下全て25Kとなっています.

このような事もあるのでしょうか?
事前に説明を受けることはなかったのですが,断熱性能が劣っているのでは
ないかと心配になりました.

お忙しいところ大変恐縮ではございますが,ご回答宜しくお願い申し上げます.
回答
断熱材の素材における密度を表す単位を「kg/㎥」になっているのは、その断熱材の㎥あたりの重さがkgであるかを表記しています。
グラスウールやセルローズファイバーなどの断熱材は、空気を静止させて断熱効果を発揮させます。
本件のセルローズファイバーは、熱伝導率が0.04になっていますが、0.02の空気を繊維の中に静止させているからです。

?あたりの重さがあると言う事は、密度が濃いことで空気の動きを止める効果が高くなります。ただし、あまり高すぎると空気を閉じこむ空隙が少なくなるため一定のピークがあります。60kgくらいが限界だとする文献もあります。

IBECの断熱材区分は、面倒な計算を簡略化させるため、簡易的な断熱材をA区分から少しランクの高いBとなり、本件の質問のセルローズファイバーは高性能グラスウール並みのC区分となっています。
更に、樹脂断熱材などではD区分、E区分、最高がF区分まであります。

セルローズファイバーは紙を素材にした断熱材ですが、バインダーと言われる繋剤がメーカーごとに特徴を持たせてあります。
そのため、あえて密度を抑えることで断熱効果を持たせたものも存在します。
総体的な印象から判断すると本件のセルローズファイバー断熱材は、性能的な不安をもつことはないものと思慮されます。

NPO住宅110番・相談回答集 最新一覧へ

ページ上部へ