ファースの家

株式会社福地建装 SDGs(エスディージーズ)の取り組み

世界を変えるための17の目標

2030年に向けて健康と幸せが世界中に広がりますように!
私たちは高性能・健康住宅を普及推進させます。

ファースの家 株式会社福地建装

SDGs ジャパンロゴマーク

株式会社福地建装のSDGs達成に向けた取り組みは、
外務省のホームページに、SDGs達成に取り組む企業として紹介されています。

外務省 SDGs ホームページへ

SDGsとは

世界を変えるための17の目標

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  • 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」がニューヨーク国連本部にて開かれ、国連加盟国によって採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し、17の目標と169のターゲットで構成されています。
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

株式会社福地建装は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えます。現在も、事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらの解決に向けたサービス展開をしています。
引き続きこれら課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。

SDGsへの取り組み

  1. すべての人に健康と福祉を
  2. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  3. つくる責任つかう責任
  4. パートナーシップで目標を達成しよう
  1. 貧困をなくそう
  2. ジェンダー平等を実現しよう
  3. 住み続けられるまちづくりを
  4. 気候変動に具体的な対策を
  5. 陸の豊かさも守ろう

高性能・健康住宅がもたらす効果

住まいは、住む人の健康だけではなく、自然環境にも大きな影響を与えています。
段差もなく手摺の確保など、ハード的なバリアフリーはもとより、家全体に温度差のない温熱的バリアフリーも重要な要素となります。
さらに高湿度や過乾燥による影響は、住まいする人の健康だけでなく、住宅寿命にも関わっています。家の高断熱化は、相対湿度の低下を招きますが高性能の健康住宅には、湿度管理も重要な要素となります。
我々は、住む人が快適で健康に暮らし、その住宅が100年を超える長寿命となるようにと、調湿可能な温熱環境の高性能住宅を提供しています。

高性能・健康住宅の研究開発

住まいとは、作り手側の想いや技術だけでは成り立ちません。
そこに住むお施主さまが末永く満足し、幸せで健康に暮らせることが大切なことです。
我々は、お施主さまの生の声に耳を傾け、住宅システムを日々研究開発しています。
それは、我々に賛同する多くの資材メーカー様と共に、先を見据えた住宅工法、建材関連、設備機器などの商品開発も行っております。

高性能・健康住宅の普及活動

我々の住まいづくりパートナーは、地元の地域に根付き、施主の間近にいる工務店です。
地域の気候風土を熟知し、メンテナンスにも直ぐに駆け付けられる家の町医者的存在です。我々の理念、「住む人と幸せを分かち合う家づくり」に共感し、同じ想いで家づくりを行なう各地域の地元工務店をパートナーとして、高性能・健康住宅を普及推進させております。

高性能・健康住宅を全国から

我々は、各地域の地元工務店を通じ、家づくりを計画中の方々に向けて、高性能・健康住宅についての情報発信のため、セミナーや研修会を実施しています。
各地域の工務店には、お施主さまに自信をもって提供できる住まい、そのお施主様にいつまでも末永く、悔いのない家を提供できて、そのお施主様が施工工務店の営業マンになってくれる家づくりを実践できるような、ハードとソフトの研究開発と情報発信を行っています。

福地建装のSDGsへの取り組み

  • すべての人に健康と福祉を
  • 貧困をなくそう
  • ジェンダー平等を実現しよう

すべての人に健康と福祉を

環境性能に優れた住宅・建築物は人々の健康維持を増進する
・高齢化対策 (2025年には5人に1人が75歳以上の後期高齢者)
・健康寿命の延伸 (医療・福祉予算の軽減、老老介護の軽減)
・高齢者が元気な事で、孫の面倒がみれる⇒夫婦で安心して共働きができる
・収入があがる、少子化改善、消費が促される。
・消費が促されれば、雇用創出につながる。
・少子化が改善されれば、職人増につながる。
  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 貧困をなくそう
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 住み続けられるまちづくりを

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

省エネ、再エネの利用促進は建築分野の低炭素化を推進する
・我が国のエネルギー自給率向上。
・燃料単価増となることで家を手放す事態を防ぐ。
・自給できるエネルギーまたは、少量のエネルギー輸入で成り立つようにする。
・低炭素住宅、ZEH住宅、LCCM住宅の普及につながる。
  • つくる責任つかう責任
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう

つくる責任 つかう責任

建築物の長寿命化は有限な資源の浪費抑制、効率的な利用を促す
・住宅着工数の半分強を占める工務店が合法木材を利用する。
・過剰、異常伐採を防ぎ、持続可能な森林保持につながる。
・長期優良住宅、LCCM住宅の普及につながる。
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  • 貧困をなくそう
  • ジェンダー平等を実現しよう

パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsやパリ協定等の達成に向けた取組は関係者の連携を強化する
・Goal3、7等の省エネ関連のノウハウを共有し、企業としてSDGs達成に貢献する。
・SDGs達成に貢献する事で、地域に必要とされる企業になる。
・地域に必要とされる企業=働きがいのある企業になる。
・雇用の創出、職人の創出にもつながる。

福地建装のSDGsへの経営行動

2019年2月26日現在

すべての人に健康と福祉を

優先順位 1
すべての人に健康と福祉を

社会福祉こそ皆の健康の源に

ファースでの健康寿命効果、保湿効果、PM2.5対策、カビ低減効果のエビデンス確立、普及・促進

住み続けられるまちづくりを

優先順位 2
住み続けられるまちづくりを

地域工務店で良い家づくりと良い街づくりを

高度換気システム(PM2.5、花粉等)の開発、導入

産業の技術革新の基盤をつくろう

優先順位 3
産業の技術革新の基盤をつくろう

時代に即したリノベーションを

蓄電池の開発・導入、高性能ガラスの開発、ファース工法バージョンアップ

質の高い教育をみんなに

優先順位 4
質の高い教育をみんなに

新技術を広める教育を

加盟工務店向け研修会、協力工事店向け研修会、従業員向け学習機会提供(OFF-JT)

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

優先順位 5
エネルギーをみんなにそしてクリーンに

省エネとエネルギークリーン化はセットで

ZEH、自立循環型住宅(ZEH+)、LCCM住宅の普及推進

パートナーシップで目標を達成しよう

優先順位 6
パートナーシップで目標を達成しよう

家づくりの連携を

加盟工務店向け研修会、施主・協力工事店との着工研修会、ファース推進、自治体との連携

つくる責任つかう責任

優先順位 7
つくる責任つかう責任

つくり手と使い手のコラボレーションを

長寿命建築の推進(ファース販促)、持続可能なサプライチェーン構築、持続可能なライフスタイルの提案、違法伐採木材の不使用

働きがいも経済成長も

優先順位 8
働きがいも経済成長も

楽しくなる家づくりの仕事で地域の活性化を

働き方改革(職人の社員化)、優良ストック蓄積(ファース販売促進+住宅履歴・メンテナンス)

ジェンダー平等を実現しよう

優先順位 9
ジェンダー平等を実現しよう

女性の力なくしてリノベーションは出来ず

女性管理職の登用

陸の豊かさを守ろう

優先順位 10
陸の豊かさを守ろう

特に森林資源の保護を

地場産材(道南スギ)の利用、持続可能な木材調達(合法証明木材の仕様)

海の豊かさを守ろう

優先順位 11
海の豊かさを守ろう

陸の豊かさはそのまま海の豊かさになる

貧困をなくそう

優先順位 12
貧困をなくそう

地域工務店の活動で雇用が生まれる

ファース販売促進により、地域経済の発展に寄与し貧困対策となる。

気候変動に具体的な対策を

優先順位 13
気候変動に具体的な対策を

省エネと温暖化防止の技術の積極採用を

ZEH、自立循環型住宅(ZEH+)、LCCM住宅の普及推進

平和と公正をすべての人に

優先順位 14
平和と公正をすべての人に

全国の仲間の工務店と意識共有を

(サプライチェーンマネジメント・調達における公正な取引の徹底)

安全な水とトイレを世界中に

優先順位 15
安全な水とトイレを世界中に

雨水の浄化法や使用法の研究開発を行う

人や国の不平等をなくそう

優先順位 16
人や国の不平等をなくそう

民間交流でなせることが多くある

飢餓をゼロに

優先順位 17
飢餓をゼロに

以上の活動で飢餓はなくなる

取り組み実績

福地建装・ファースグループではSDGs普及推進に向けた勉強会を定期開催しています。

「再エネ100宣⾔ RE Action」発⾜
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業の技術革新の基盤をつくろう

2019.10.10

「再エネ100宣⾔ RE Action」発⾜

中⼩企業などの再⽣可能エネルギー導⼊拡⼤に向けた新しい枠組みとして、10⽉9⽇、「再エネ100宣⾔ RE …

ファース工法施工検査員講習開催
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • パートナーシップで目標を達成しよう

2019.10.09

ファース工法施工検査員講習開催

10月3日~4日の2日間、弊社にて2019年ファース工法施工検査員講習を開催致しました。ファース工…

北海道新聞に掲載されました
  • 質の高い教育をみんなに

2019.10.02

北海道新聞に掲載されました

9月27日の北海道新聞に、弊社のSDGsへの取り組みが掲載されました。

販売代理店向け情報発信
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • パートナーシップで目標を達成しよう

2019.09.10

販売代理店向け情報発信

毎月、ファース加盟工務店様の一番近くでのサポートや専用部材を販売いただいている、ファース販売代理…

職場体験学習開催
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • つくる責任つかう責任

2019.08.30

職場体験学習開催

8月22日、毎年恒例となります上磯中学校1年生への職場体験学習を開催しました。今年は7名…

住宅性能を客観的に科学する
  • すべての人に健康と福祉を
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • パートナーシップで目標を達成しよう

2019.08.26

住宅性能を客観的に科学する

首都大学東京 名誉教授 星先生、法政大学 准教授 川久保先生、前橋工科大学 准教授 三田村先生と、現在…

MORE