会社紹介
  • 会社概要・沿革
  • 社長挨拶
  • スタッフ紹介
  • 私たちの想い

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 会社概要・沿革

会社概要・沿革

会社概要

本社外観
社名 株式会社福地建装
代表取締役 福地 脩悦 (ふくち しゅうえつ)
所在地
【 本社 】
〒049-0156 北海道北斗市中野通324番地
TEL / 0138-73-5558 FAX / 0138-73-8460

MAP

【 札幌事務所 】
〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西6丁目11番地 北辰ビル6階
TEL / 011-281-2156 FAX / 011-281-2158

MAP

【 東京事務所 】
〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目29番10号 東京ラインビル3階
TEL / 03-5733-3452 FAX / 03-5473-1647

MAP

創業 1967年(昭和42年) 4月
設立 1980年(昭和55年) 2月15日
資本金 6,000万円
社員数 23名
有資格者 一級建築士(1名)
二級建築士(6名)
一級施工管理技士(1名)
二級建築施工管理技士(1名)
二級ファイナンシャルプランナー・プランニング技能士(1名)
BIS(断熱施工技術者)(6名)
BIS-M(1名)
CASBEE戸建評価員(2名)
気密測定技能者(2名)
宅地建物取引士(2名)
住宅省エネルギー技術者(設計)(2名)
住宅省エネルギー技術者(施工)(4名)
取引銀行 渡島信用金庫 上磯支店
日本政策金融公庫 函館支店
北洋銀行 五稜郭支店
江差信用金庫 七重浜支店
建設業許可番号 北海道知事許可(般-24)渡第01738号
北海道知事許可(特-24)渡第01738号
一級建築士事務所 北海道知事(渡)第555号
住宅瑕疵担保保険 株式会社ハウスジーメン 登録番号MB2009020198
業務内容 住宅の性能向上の研究開発、ファース全国展開事業、地域密着型の工務店経営の実践

沿革

1967年(昭和42年) 東京都で鉄骨組み立て業で創業
1969年(昭和44年) 鉄骨と木造住宅建築
1977年(昭和52年) 郷里 上磯町(現北斗市)に移転
1980年(昭和55年) 資本金1,000万円・株式会社で法人にして住宅システムの開発事業に着手
1985年(昭和60年) オール電化住宅の創設
1989年(平成元年) 資本金2,000万円に増資・ファース工法が完成
1992年(平成4年) 日本で初の樹脂断熱材のスプレー発泡工法の評定交付
1993年(平成5年) 札幌事務所を開設して「ファースの家」フランチャイズ展開開始
1993年(平成5年) 監査法人からベンチャー企業認定され投資会社からの投資受託
1995年(平成7年) 東京事務所開設
1997年(平成9年) 資本金を5,680万円へ増資
1998年(平成10年) 環境省エネ住宅賞(住宅金融公庫総裁賞)授賞
2000年(平成12年) 研究開発室・特許管理部門を併設
2000年(平成12年) 次世代型ソーラー住宅システム認定取得
2002年(平成14年) ファース工法の気密に関する特別評価方法認定取得
2003年(平成15年) 特許登録数10件を超える
2004年(平成16年) 資本金6,000万円に増資・木造住宅合理化システム次世代耐用性能認定取得
2008年(平成20年) 九州事務所開設・ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック特別賞授賞
2009年(平成21年) 3年連続ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック優秀賞授賞
2011年(平成23年) 空気清浄システム開発で経産局の新連携事業認定
2012年(平成24年) ファース本部監修でハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー優秀賞授賞
2014年(平成26年) 専用断熱材 日清紡績のエアライトから倉敷紡績のエアクララに切り替えする
2015年(平成27年) 「雪の積もらない屋根」経産局のモノづくり補助金採択で本社屋実験
2015年(平成27年) ファース本部監修でハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー優秀賞授賞
2016年(平成28年) 特許出願数 実用新案数 登録商標を合わせ100件を超える

ページ上部へ