新築・リフォーム お考えの方へ
  • 新築・リフォームお考えの方へ
  • ファースの家 誕生のきせき
    • 一番大切なこと
    • 高気密・高断熱を実現したい!
    • 日本の湿気を何とかしたい!
    • ガスが使えない?!
    • 大事な耐震のこと
  • 価格の真相
  • 美人住宅
  • 私たちの家づくり
  • お近くのファース工務店
  • 全国の見学会
  • お客様の声

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
  • 福地建装 SDGsの取り組み
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 新築住宅・リフォーム お考えの方へ > 誕生のきせき > 大事な耐震のこと

ファースの家 誕生のきせき

大事な耐震のこと

耐震、耐風構造が前提です

どんなに温熱環境、空調、電気、給排水設備などが伴っていても、地震や台風などの自然災害のたびに不安を感ずるような構造体の家であってはなりません。台風や地震などの自然災害にも安心できる家の強度が伴っていなければなりません。

「ファースの家」は、現在の規準で確認申請が通る基本的な構造強度さえ備えていれば、数百年に一度程度、やってくると言われる大震災、大嵐にも人的被害を出さない強度を保つようになっております。 これは、強力な密着強度を有する樹脂断熱、気密材をシームレス状に家をすっぽりと包んでしまうため、出来上がった「ファースの家」は、バスケットボールのように、転がしても壊れないのではないかと言われるくらいの強度を発揮します。

中越地震の被害の様子

中越地震の被害の様子

1989年(平成元年)に「ファースの家」の1号棟が完成してから、阪神大震災、奥尻沖大地震、中越大地震、能登半島大地震、中越沖大地震と震度7にも及ぶ大震災に遭遇しましたが、内装材に小さなズレが生じた程度で殆ど、被災しませんでした。特に中越大地震の際は、震度7の川口町の震源地や、その近くの小千谷市に建っていた「ファースの家」ですが、家具や外構に被害があったものの、建物そのものには被害らしい被害がありませんでした。気密、断熱を目的に構築した樹脂断熱材が構造の強化にも役立っていたのです。

ページ上部へ