ファースの家とは?
  • ファースの家とは?
  • 健康住宅に必要な要素
    • 温度
    • 湿度
    • 空気洗浄
    • 空気の流れ
  • 健康住宅に必要な機能
  • 健康住宅に必要な構造
  • 長く住むために
  • ファース工法 専用部材
  • 今まで取得した公的認証・特許
  • 紹介動画
  • 家の温熱性能と健康寿命

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。
社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
  • 福地建装 SDGsの取り組み
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > ファースの家とは? > 健康住宅に必要な要素 > 湿度

健康住宅に必要な要素 湿度

どのくらいの湿度が良いの?

湿度 快適エリア

夏季
60%前後の環境が良いとされています。それ以上に湿度が高い場合は、湿気が持つ熱によって蒸し暑く不快に感じます。
冬季
湿度40~50%前後が良いとされています。
それ以上に乾燥が進むと、人の身体から水蒸気が蒸発しやすくなります。
蒸発するときに体温を奪うので寒さがより助長されます。
建材に対しては
家を支える土台、柱、梁、床、壁、天井材などの構造部材や家の居住空間の部材も、湿度が一定量を超えると結露が起こり、腐食してしまったり性能が落ちたりしてしまいます。
「調湿機能」の快適機能で管理

床下に敷き詰められた大量の調湿空気清浄剤「ファースシリカ」は、室内の余分な生活発生水(料理の湯気、汗、洗濯物など)をきれいに清浄し、水分だけを吸着します。その調湿力は炭の約7倍あり、吸着した水分を床下に貯蔵します。室内が乾燥したときは、この貯蔵した水分を室内に蒸発させ潤いのある室内にします。

「耐久性」の快適機能で管理

健康空気循環システム「AIキット」で天井裏の空気が床下に送りこまれ、適切な湿度の空気が室内を巡回します。このとき空気が構造材の木材に触れることで、木材自体の含水量が常に10%前後の好ましい環境を維持することができ、土台や柱が腐食することがなくなります。さらに適切なメンテナンスを加えることによって、長く安心して住める家が実現します。

ページ上部へ