家づくりお役立ち情報
  • 家づくりお役立ち情報
  • 住宅業界最新情報
  • NPO住宅110番回答集
    • 工事ミス・トラブル
    • 契約・法規のトラブル
    • 設備や内装一般
    • 家の外回りについて
    • 結露と換気の問題
    • 構造・建材について
    • その他の問題
  • ファース住まい新聞
  • 住まいと電化のコラム
  • 実験データ
  • よくあるご質問
  • ファース本部主催イベント

株式会社福地建装 代表取締役社長 福地 脩悦

家づくりとは、お施主様が住んでから本当の始まりとなります。
住んで後悔しない家づくりを実践しています。 社長挨拶・プロフィールはこちら

今日の福地脩悦

社長の予定や各ブログなどを掲載しております。

Blog

福地脩悦 facebookページ

  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • お近くのファース工務店
  • ファースグループご紹介
  • 住宅業界リンク集
  • フクチホーム
    北海道函館市・北斗市近郊の注文住宅
  • パートナー工務店様 加盟募集サイト
    パートナー工務店様・加盟募集サイト

HOME > 家づくりお役立ち情報 > NPO住宅110番・相談回答集 > 設備や内装一般 > 床下が水槽状態に

NPO住宅110番・相談回答集 設備や内装一般

- ただ今の総回答数1947件 -
設備や内装一般
-ただ今の回答数137件-

暖房や電気湯水器、トイレの配管など、設備や内装一般についての回答集です

床下が水槽状態に

[ 2017.12.22 ]質問者:レオ

質問
新築の注文住宅です。
引越しの日に判明したことですが、床下点検口を覗いたところ、床下の基礎の部分が全面水浸しの水槽のような恐ろしい状態になっていました。(深さ約20cm〜30cm)
通信関連の方が配線工事の為、発見してくれたのですが、所々、コケがはえてぬめりがあり、外から基礎部分を見ると、水が外まで染み出ている次第でした。
施工会社に対処を依頼し、下請けの水道業者が来て確認したところ、お湯の部分の配管が破れており、約1ヵ月位かけて水が溜まったと思われるとのことでした。
(水道に関しては、水道局が来て検査をしておりますが、お湯の部分に
関しては全く自分たちで検査をしていなかったとのことでした。)
その後、吸引機とバケツを使った手作業で水を抜き、翌日乾燥機をかけました。
業者の話ではこれで大丈夫とのことですが、基礎部分や床下部分がこれから生活していくうえで、本当に問題ないのか心配でなりません。
これからの施工業者との話し合いをしていく上で、どのように対処していけばよいかお知恵をお借りできれば幸いです。
宜しくお願い致します。
回答
床下は常に乾燥状態を保持しし続けることが大切です。
今後のチェック事項としては、土台など床下の木材の含水量に注目すべきです。
人口乾燥木材は含水量15%前後のものを使用しています。
この含水量は、今回の漏水事故で上昇している恐れがあります。
床下の乾燥と木材の含水量の双方をチェックすることが肝心です。
少なくも上昇した含水量が15%以下になるようであれば問題ありません。
含水量測定器は、3万円ていどで市販されており、業者さんが確保してくれるはずです。

NPO住宅110番・相談回答集 最新一覧へ

ページ上部へ