高性能・健康住宅「ファースの家」開発本部株式会社福地建装

よくあるご質問

どれくらいの価格で建てられるの?

価格編

「ファースの家」はどの程度の価格で建築出来るんですか?

「ファースの家」は基本的に、オール電化仕様、ファース専用エアコン、蓄熱暖房器、IHクッキングヒーター、健康空気循環システム(AIキット)、日射熱を冬に進入させ、夏に遮蔽する高性能窓、責任施工の断熱気密工事、身体に優しい輻射熱(遠赤外線)冷暖房などのフル装備で、大手ハウスメーカーの中間グレードと同価格で建築できると思います。

坪換算ではどの程度になるんですか?

坪単価は地域、大きさ、形状、仕様などで全く価格が異なりますので、お近くのファース加盟工務店にご相談下さい。

「ファースの家」はオール電化という事ですが光熱費のランニングコストは?

地域や使い方によって異なりますが、北海道の真冬の暖房費では4人家族で40坪の住宅の部屋や廊下、トイレなど全ての家屋内を24時間、21℃程度に暖めて、最も寒い1月から2月までの1ヶ月間の暖房費だけで14,000円程度です。
温暖地の最も暑い7月から8月までの1ヶ月の冷房費も同じ規模で全室を24時間連続冷房(エアコンはシーズン連続稼動が基本である)で26℃に維持し、冷房費だけで約15,000円程度です。
その他にIHクッキングヒーター2,500円程度、温水器2,500円程度、一番高いのが照明器具やその他の電気機器だと思います。
「ファースの家」はこの他に、健康空気循環システム(AIキット)を稼動させる電気量が、年間の稼動費を月平均にしますと約1,000円程度かかります。

「ファースの家」だから得する事は他にもありますか?

「ファースの家」の壁の中に設置されたファイヤーストッパーの効果とオール電化専用工法である事が高く評価され、AIU保険会社において「ファースの家・専用火災保険」が実現されています。

「ファースの家」のメンテナンスコストは?

「ファースの家」は水分管理を家屋内で行っているので、普通の家のように湿気が内部から外装材を貫通して外部に出ようと言う作用が働きませんので、外装材が汚れ難く、積層剥離なども起きません。外装材が極めて長持ちいたします。
また、土台や柱に腐朽菌が発生しないようになっていますので、大規模改修を必要としません。この間のメンテナンスコストの削減額は30年で200万円くらいに換算できます。しかし、健康空気循環システム(AIキット)の機器は、家電製品と同様に、修理や取り替えなどの費用が発生します。