高性能・健康住宅「ファースの家」開発本部株式会社福地建装
  • HOME >
  • 快適空間の仕組み

快適空間の仕組み

快適な室内環境を生み出す、独自のシステム+専用部材。

ファース工法のために開発をした専用部材と、健康空気循環システム「AIキット」の組み合わせによって、「ファースの家」が提唱する、健康で快適に過ごすために最適な温熱環境や高耐久性を実現します。
住宅性能向上のために開発と研究を重ね、時代とともに進化した技術や資材は、常にバージョンアップを行っています。

ファース工法 専用部材と役割

断熱材

ファースボードK

外断熱用 ボード状断熱材

ファースボードK (外側)
外側からの熱損失を低減する、
硬質ウレタンフォームの断熱ボード
断熱性能が高く、難燃対策を施した硬質ウレタンフォームの断熱ボード。
柱や間柱から熱が逃げる (熱橋/ヒートブリッジ)のを防ぎます。
エアクララ

ウレタン系現場発泡スプレー方式の断熱材

エアクララ (内側)
断熱と気密を同時に実現。
経年劣化しにくく、厚吹き加工も可能。
専門施工スタッフによる吹付け硬質ウレタンフォーム。
接着性能が高く、隙間や継ぎ目をつくらず高気密・高断熱を実現。
難燃性もあり、地震の揺れも吸収します。

ファース専用サッシ

断熱性と日射取得・遮熱性に優れた、Low-Eガラス&サッシ

ファース専用サッシ
日射を取得するか、遮断するか。
寒冷地、温暖地、それぞれの地域事情を考慮。
国内トップクラスの気密性・断熱性を誇るLow-Eペアガラスサッシを採用。地域事情に合わせ、日射取得タイプと日射遮蔽タイプの2種類があります。

換気

健康空気循環システム「AIキット」

天井裏で換気・適温に、床下で調湿・清浄した空気を
家全体に循環。

健康空気循環システム「AIキット」
天井裏から床下に空気を送り込む際に生じた
気圧差で、壁内通気層を通じて空気が上昇。
家全体の換気と、空気が壁内通気層を循環する際に、床や壁から輻射熱として冷気・暖気を伝える室内の冷暖房を行う、ファース工法独自の健康空気循環システムは、複数の専用部材によって構成されています。
コントロールパネル
コントロールパネル
熱交換式換気扇など、各機器の操作の他、住宅内と外気の温度状況のモニタリングやメンテナンス管理ができます。
熱交換式換気扇
熱交換式換気扇
熱交換式の第一種換気で、排気と給気を共に行い、室温に近づけた換気を行います。
エレメントボックス
エレメントボックス
熱交換式換気扇とダブル熱交換によって、より室内に近づけた空気が取り込まれます。
サイクルファン
サイクルファン
熱交換式換気扇から取り入れた新鮮空気を、循環パイプを通して床下に送ります。
排気ファン
排気ファン
大風量第三種換気で、室内の汚れた空気や臭いなどを強制的に排気し、その際に連動している床下の給気シャッターが開き新鮮空気を取り入れます。

空気調湿清浄剤

ファースシリカ

湿度管理と空気清浄機能・防蟻効果を持った調湿剤

ファースシリカ
調湿効果は炭の7倍。
ファースシリカ143kgで炭1トンと同等の効果。
自然素材のシリカゲルを改良した専用調湿剤。
住宅内の湿度が高くなると水分を吸着し、低くなると放出します。
また、ホルムアルデヒドやタバコの臭いなどの汚染物質も吸着。
空気脱臭・清浄にも効果を発揮します。
【 脱臭・清浄効果 】
ホルムアルデヒドやタバコの臭い、その他有機ガスの汚染物質を吸着します。
【 シロアリへ効果 】
「ファースシリカ」は薬剤ではなく、安全性の高い化学品です。元来、シロアリやダニは乾燥した環境を嫌いますので、「ファースシリカ」を施工すると、床下湿度がコントロールされ、これらの害虫は生息しにくい環境になります。また、「ファースシリカ」の微粉がシロアリの体皮に付着して脱水症状を引き起こし、死に至らしめることが実証されています。
※富士シリシア化学株式会社特許第1970863号

蓄熱パネル

FASタイトプレート

住宅内部の暖気・冷気を床下で蓄熱・蓄冷

FASタイトプレート
暖気・冷気を、時間差有効活用。
蓄熱蓄冷で住宅内部の温度を均一に。
床下に複数枚を敷設するH600×W250×D25mmの蓄熱パネルで、住宅内の暖気や冷気の熱を蓄え温度の均一化を行います。
電源などを用いることなく、置くだけで使用できます。

冷暖房機器

高機能エアコン

穏やかな心地よさ、室内に温度差がない輻射熱冷暖房。

高機能エアコン
ファース工法の性能・機能・構造体の融合で、
家全体に快適エコ冷暖房住宅を実現。
湿気に含まれる熱量(潜熱という)を除去して、室温をあまり上下することなく冷暖房ができるエアコンの機能を住宅そのもので活かせる、潜熱コントロール(調湿)のできる仕組みを作ることで、冷暖房費の軽減や省エネとなるだけでなく、冷やした熱、暖めた熱を身体に直接あてる冷暖房よりはるかにクオリティの高い、輻射熱冷暖房の快適な居住空間を実現します。

快適空間の仕組み

健康空気循環システムイメージ図

【健康空気循環システムイメージ図と専用部材の働き】

1
冷暖房不使用時の天井裏の熱気排出、急な換気を要する時に排気ファンを稼働させます。連動して給気シャッターが開きます。
2
夏場天井裏全体を冷やすため、高機能エアコンのショートサーキットを防ぎます。
3
エレメントボックス・熱交換式換気扇のダブル熱交換によって、室温に近づけた新鮮空気をサイクルファンによって床下に送り込み、床下で調湿、清浄された空気が室内・壁内をゆっくりと上昇し、家中の空気環境を常に快適な状態に保ちます。
4
新鮮空気や暖房・除湿された空気をミキシングホッパーで吸い込み、サイクルファンで床下まで送ります。
※クリーンファンネルを設置した場合は、PM2.5の超微粒子から黄砂、花粉などの埃も集じんし、清浄化された空気を床下まで送ります。
5
床下に送られた空気は「ファースシリカ」に触れて調湿・清浄されます。
6
家中を循環している空気に余分な湿気がある場合は1階床下に敷いた調湿剤が吸着し、逆に空気が乾燥している場合は吸着した湿気を空気中に戻し、40%~60%の湿度に整えます。また、調湿剤は臭気や有機ガスなども吸着するので、空気を常に清浄な状態に保ちます。
7
上昇する空気は全て外壁側に流れ、断熱内側の通気層、居室の給排気口を通り、天井裏に上がります。