高性能・健康住宅「ファースの家」開発本部株式会社福地建装
  • HOME >
  • 受賞・公的認証・特許

受賞・公的認証・特許

ファース工法の住宅性能を証明する、
今まで取得した受賞・公的認証・特許・実用新案の数々。

時代を先駆けるかのように研究・開発を続け、さらなる住宅性能の向上を目指す「ファースの家」の技術や製法は、長い年月の間で多くの機関からも認められております。 

受賞

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー

多くのファース加盟工務店が、
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを受賞。

「ハウス・オブ・ザ・イヤー」は、一般財団法人日本地域開発センターが主催する、建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰し、さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指すことを目的とした制度です。ファース工法の快適性と各工務店の創造性に満ちた省エネ住宅が、表彰制度が開始された2008年から受賞を重ね、2017年度は、11社11件、日本国内が全8地域に区分される中、7つの地域で受賞(特別優秀賞…6つの地域・6社6件/優秀賞…5つの地域・5社5件)し、寒冷地・温暖地どちらにも極めて有効な「ファースの家」の高い住宅性能を実証しました。
ファース加盟工務店が2016年と2017年度に受賞した住宅を、特設サイトに掲載しております。

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017
  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016

今まで取得した公的認証

断熱評定

平成5年12月22日 / (財)住宅・建築 省エネルギー機構

樹脂による現場スプレー発泡方式では、日本で初めて「断熱評定」を交付されています。

特別評価方法認定(気密方法)

平成14年2月15日 / 国土交通大臣

樹脂発泡の単一工事だけで、基礎・壁・屋根面を一体に包み込む施工方法で国土交通大臣から認定を取得しました。

ソーラー住宅システム認定(次世代型)

平成15年4月1日 / (財)建築環境・省エネルギー機構

冬場は日射熱を室内に取り込み暖房省エネをはかり、夏場は高い太陽高度を利用して日射熱を遮蔽し、冷房と暖房に使用するエネルギーを大幅にカットした、次世代型ソーラー住宅システム認定を交付されました。

木造住宅合理化システム
次世代耐用性能タイプ認定

平成16年4月1日 / (財)日本住宅・木材技術センター

品質確保促進法の劣化対策の最高等級(新築から75~90年間、構造躯体に使用されている材料の大規模改修を必要としない)以上の性能保持が評価を受けました。

特許・実用新案

特許・実用新案

1ネット下地による現場樹脂発泡断熱方法

特許・実用新案

屋根下地材から隔離してネット(エアーネット)を貼り付け、核ネットに現場樹脂発泡施工を行って、屋根下地材との間に空気層を設ける断熱方法で、ファース工法の屋根断熱施工に係わるものです。【 特許 】 第3008014号

2木造住宅における外断熱方法

木造住宅における外断熱方法

外壁材の裏面側に断熱材を施工し、断熱材と内壁材との間に空気層を形成する木造住宅の外断熱方法で、柱と外壁材の間に弱熱伝導性の部材を設け、内壁側の施工直前にスプレー発泡断熱材を形成し、弱熱伝導性の部材とスプレー発泡断熱材により、連続した断熱気密層と外壁材とを分離して形成したことを特徴とする外断熱方法で、ファース工法の外断熱構造に係わるものです。【 特許 】 第2141431号・3479807号

3孔あき火炎ストッパー

孔あき火炎ストッパー

建築物等の壁体の内部に設けた板状の火災ストッパーに壁内の平面断面積に対して壁内通気を損なわない程度の孔を設けたもので、ファース工法の「ファイヤーストッパー」に係わるものです。【 実用新案 】 登録第2602533号

4床下における断熱構造

床下における断熱構造

土台の下側にスペーサーを敷き込んで、土台とコンクリート造の天板上面との間に連続した断熱層を形成するもので、「ファース工法」のコープレート及び土台処理の断熱施工に係わるものです。【 特許 】 第3381176号

5現場発泡樹脂材厚さ特定ゲージ

現場発泡樹脂材厚さ特定ゲージ

現場発泡樹脂材に埋没される硬質樹脂製で駒状のゲージであり、ファース工法の「スプレート」に係わるものです。【 実用新案 】 登録第2574097号