高性能・健康住宅「ファースの家」開発本部株式会社福地建装

NPO住宅110番・相談回答集

工事ミス・トラブル

床下浸水やアルミサッシの歪みなど

2018.12.25

ユーティリティー床について

質問者/よっち

お世話になります。
入居してから1年半経過します。入居直後から写真の症状が出ているのですが、ユーティリティーの床材に模様のようなものができております。自分はさほど気にしていなかったのですが、妻が非常に気になると・・。昨年10月に1年点検にてハウスメーカーの人が来たので聞いたら「ここは特殊な接着剤を使用しているのでどうしても模様ができてしまいます」との説明。  自分としては施工時の技術的な問題ではないかと思いますが、いかがでしょうか?専門家としての意見をよろしくお願いいたします。またこの場合はクレーム、再施工を依頼してもいいものか、併せてご教授願います。
画像 »
フロアー下地の継ぎ目がハッキリとしてきた事象であると推察されます。
特殊な接着剤と云うより、下地(合板)の継ぎ目をパネ埋めする際の素材を云っているのだと思われます。

このような事象は、どのような完璧な施工を行っても、構造部材の収縮が合板に影響を与える場合が多くあります。
住宅内で生活することで、その家族様々な営みで構造、建具、家具などにも影響を与えます。

本件のフロアー材の模様ていどなら、充分に許容範囲とも云えると思います。
自分たちの生活文様だと、その模様を楽しめるような寛容さは必要であると思われます。