高性能・健康住宅「ファースの家」開発本部株式会社福地建装

スタッフブログ

毎日ひと言ずつスタッフが交代でコメント!
昨年の「北海道胆振東部地震」から、明後日の9/6で1年が経ちます。
地震も震度7で大きな地震でしたが、それ以上に、その後の道内全域停電(ブラックアウト)が大きな問題としてテレビや新聞等で広く報じられました。
震災以降は、住宅も太陽光発電や蓄電池を備えた「防災型住宅」が注目を浴びるようになっています。
もちろん、太陽光発電や蓄電池という設備も大事ですが、地震に強い耐震性や、いざという時に少ないエネルギーで生活できる省エネ性能等、住宅自体の性能も大切になってきます。
住宅を選ぶ際にはぜひ、耐震性や省エネ性等の住宅の基本性能も重視してください。
出張が多い仕事柄、ほうぼうで宿泊するホテルで、たま~に不思議たことが起きます。
先日もとある有名なビジネスホテルのチェーンに宿泊したのですが、
なんとも不思議なことが起きました。
チェックインが移動の関係でちょっと遅めの時間となり、早々にお風呂に入り
就寝したのですが、次の日の朝、昨晩脱いだ靴下が一足なくなっているのです。
部屋のすみずみから、ユニットバス、ごみ箱、ベットの下まで、探したのですが、出てきません。
ただ、不思議なことに無くなった靴下の代わりに、子供用と思われる小さな靴下が無くなった
靴下の代わりのように、一足だけ置いてあるのです。
ひょっとしたら、家族の洗濯物に交じって、着替えを入れている袋にまちがって入ってしまったかと
思い、そのまま持ち帰りました。
家に帰ってから、当然カミさんに『この靴下ってだれの?』と聞いたのですが、
帰ってきた答えは『これ、うちのじゃないよ?』…。

世の中不思議なこともあるもんですね…。

家電のスマート化で生活の質がどんどん変わってきました。
照明器具・鍵・空気清浄機・AC・家電製品全般は勿論、カーテンの開閉や料理まで。
今では、炊飯+オーブンレンジ料理+スープ等の材料をセットするだけで
同時に仕上がるという物まであります。
時短や時間の有効活用が当り前の昨今には誰もが取り入れたいIOT家電。
本当にSF映画の世界が直ぐそこまで来ていますね。
木材を切断してアイデアを形にしていくという面倒で答えのない作業。
福地建装ユーザー会では年に一度、小学生を対象に「わくわく手作り木工」を開催しています。
保護者の手を借り、考え、悩み、行動する。
子供達ならではの自由な発想は時に失敗もして、それをどう乗り越えるのかを考え、どうしたら形のないアイデアに近づくかで何度も悩みます。
そして先を常に想像して、自分だけが知っている完成形を作り上げるのです。
北斗市や函館市、七飯町、福島町から参加された皆さん、初めは恥ずかしそうにしていましたが最後の撮影会では皆、堂々と自慢の作品を抱え写っていました。
紫外線カットのサングラスに寿命があるのをご存知ですか?

紫外線を吸収するレンズには実は紫外線吸収剤というものが入っていて、
この吸収剤が吸収の限界を迎えると寿命ということになります。

どんなに綺麗に使っていても5年くらいで機能が低下していくようで、使用頻度によってレンズの寿命はバラバラですが、紫外線カット率を調べる機械が設置されている眼鏡屋さんで調べてもらうと寿命かどうかの判断をしてくれます。

カット率が99%を下回っていると替え時のようですので、長年使っているサングラスがあったら一度調べてみてはいかかでしょう。既にサングラスの寿命を迎えているかもしれませんよ?