高性能・健康住宅「ファースの家」開発本部株式会社福地建装

スタッフブログ

毎日ひと言ずつスタッフが交代でコメント!
小泉 泰久のコメント一覧
2019.04.22

anniversary

先週末、建物を建てる際に工事の無事や安全と住まいの繁栄を祈る儀式、地鎮祭が執り行われました。
「エイ!エイ!エイ!」。
お施主様が鍬(クワ)で掘り、福地会長が鋤(スキ)ですくう所作を3度、行いました。
両親と一緒に鍬入れを行った息子さんの心の中にはきっとこの日が、特別な記念日として刻まれた事でしょう。

そしてこの日の夕方、ファース本部会議室にて15社の協力業者様が集結し、着工研修会が行われました。
変わらぬ性能を維持できるハードを構築する為に協力業者の皆様の力をお借りし、お施主様ご家族が描いてきた理想の住まいを私達は現実のものと致します。
先日、北海道の広い範囲で大気汚染物質、PM2.5が環境基準値を大幅に超えたとの報道がされていました。
その日、近隣の小中学校では登下校時にマスクの着用を促す連絡がされていたようです。
皆さんも室外ではマスクの着用でPM2.5などの対策をしている事と思われますが、室内は安全なのでしょうか?24時間換気から室内に入ってくるPM2.5の対策はできていますか?

先日開催された、約37坪平屋住宅の構造見学会でもPM2.5の話題となりました。
気にされている方が何組かは居ましたが、大半は室内が危険に晒されているとは然程気にもされていないようでした。

一生に一度の家づくり、大切な家族を守る住まいです。

新築検討者の方は是非、室内の空気の質について考えられてはいかがでしょうか?
窓から外を眺めても一面、真っ白。
朝から風が強く、あちらこちらで吹き溜まりができていました。
工事現場は先日、エアクララの吹き付けが終わりましたので今日は内部作業を行っている予定ですが、本日の最高気温は-10℃との事。
こういう日の裏道は、地吹雪や吹き溜まりで立ち往生となる事がしばしばありますので本道を通るのですが、いつも決まって大渋滞。
次の現場も控えていますので、体調を崩さないか渋滞覚悟で現場に向かいます。
今日は全国的に寒くなるようですので、皆さんも体調管理に気をつけて下さい。
あっという間に時は過ぎ、今年も残り僅かとなりました。
本格的に寒さも増してきましたが、これから大掃除やお正月など親子一緒に過ごす機会が増える季節です。
お忙しい時期でもありますが是非、思い出に残るひと時を暖かい「ファースの家」で大切なご家族とお過ごし下さい。
そして、年明けは「平成」最後の福地建装ユーザー会主催 ボウリング大会&新年会が開催されます。
日頃、交流の少ないユーザー様と協力業者の皆さんですが、同レーンで投げたり同席になったりと良い交流の場になるかと思われますのでまだ返信ハガキを返送されていない方は、平成31年1月11日金曜日必着でご返送下さい。
今年もあと僅か、一年間ありがとうございました。
火災保険は、火災による損害だけを補償するものではなく大雪等による雪災や風災、盗難、水濡れ、不慮の破損・汚損など、住まいが被害を受けた場合に対象となるケースがあります。
過去には、屋根からの落雪で窓ガラスが破損した際や同じく落雪で外壁材が破損、台風による窓ガラスの破損など、弊社のユーザー様宅でも適用となっています。
「ファースの家」が火災に遭う確率は低いものと思われますが万が一、起こってしまった場合の非常に大きなダメージに備える火災保険は、生活の根幹に対する補償です。
これを機に、ご自身が加入している保険の詳細を今一度、確認してみてはいかがでしょうか?