高性能・健康住宅「ファースの家」開発本部株式会社福地建装

スタッフブログ

毎日ひと言ずつスタッフが交代でコメント!
浅田 雅弘のコメント一覧
2022年の2月~6月上旬にかけて熱中したマメイカ釣り・・・
毎日の食卓に新鮮なイカが並ぶ贅沢な時期を過ごしていたとき
イカ釣り仲間からこんな一言が・・・・

アオリイカは絶品だ!
アオリイカは美味い!
マメイカやヤリイカなんてもんじゃない~
まさにイカの王様だ!

マメイカの美味しさで十分満足していたのにアオリイカを褒め称えるコメントがずらり

こんな話を聞いたらどうしても食べてみたい!
でも函館近郊ではスーパーに陳列されているところなんて見たことない~

となったら、やっぱ釣るしかないよね!

ってことで、さっそくアオリイカの情報をネットで調べます
エギ.comというサイトを見る限り、アオリイカは釣れてるようだけど
釣れてる場所が函館の防波堤とか磯とか書いていて
さすがにピンポイントな場所は書いていない
江差方面で釣れると聞いていましたが車で移動するにはちょっと遠い・・・
かといって近場で釣れる場所もなかなか見当たりません
仕方ないので、いつもの漁港より少し遠いけど、あそこ行ってみるか!
ということで、あそこの漁港に行ってきましたよ(何処とは書かないのが釣り人あるある)

現地到着するとイカ狙いらしき人がチラホラとロッドを振っています・・・

嫁さんと二人で目を合わせ

「やっぱここ釣れるんだ!」と期待に胸を膨らませます


とりあえず空いてる場所でエギを投げてみます
マメイカ釣りのときは割とエギを動かさず、沈んだら軽くシャクりあげる感じでやってましたが、
アオリイカはエギを派手に動かし、エギがここにあるよとアピールするような感じで誘っていきます
大きく3回シャクったり、小刻みに5回シャクったり、これが正しいかどうかは不明ですが、
買ったばかりの慣れないロッドでギコチナクしゃくっていきます

1時間ほどロッドを振りますがぜんぜん釣れません
他の釣り人も釣れていないようです
海を見るとイカは見当たりませんが小さな魚やサバの大群が泳いでいます
まったく釣れない状況にしびれを切らした嫁さんがメタルジグに切り替えサバで遊びだしました
釣ってもリリースするんですけど、何も釣れないよりは楽しそうです(笑


そんな中、ひたすらシャクってる私のロッドに少し重みが加わります!

「む!?」

なんかエギについているような気がする

軽いけど少し重みがある

本当に軽い・・・だけどエギだけ回収しているときの重さではない

何かがエギについているのは間違いない!

ゴミ?と思いながらリールを巻くこと数回

水面にイカの姿が!!!

「バシャーバシャー」

「ぴゅーぴゅー」

墨を吐き出し、ジェット噴射のように海水を吐き出しています

必死に逃げようとしているんでしょうね~

ですがこちらにもいろいろと事情がありまして・・・

なんといいますか、、その~

ものすごくイカが釣りたいんですぅ~(笑


ということで、大変申し訳ありませんがそのまま強引に釣りあげる無常な私

そしてその釣ったイカを目を丸くし確認します

すると・・・

それは・・・

なんと一度も釣ったことのない狙い通りのアオリイカ!

サイズは小さく、普通であればリリースするところ・・・

そう・・・リリースするところなんですが~



勘弁してください・・・



初めて釣ったんです(笑




遠慮なくクーラーボックスへ入れてお持ち帰り。。。

自宅で捌いて美味しくいただきました~(ぺろっ



展開早いですが、さっそく食べた感想です・・・
やっぱ美味いですね~
マメイカより甘くて、口の中にずっと甘さが残るような感じです
さすが王様と表現されただけのことはあると思いました!
でもイカ耳は・・・・小さかったからかもしれませんが美味しいとかはなく、
耳はやっぱりヤリイカのほうがコリコリしてて美味しい感じがしましたね~
まぁ食レポは個人の感想ですので、あしからず~


ともあれ、今度は小さかったらリリースするよう心がけますが、
食卓に初めてアオリイカが並び、夏の終わりにいい経験ができました
11月くらいまで釣れるらしいので、新規開拓も含めもう少しアオリイカを狙っていきたいと思います
ではでは~

●タックル情報
ロッド  シマノ 21 セフィア XR S79ML(エギングロッド)
リール  シマノ 18 エクスセンスCI4+ C3000MHG
ライン シマノ ピットブル8 0.8号
リーダー  山豊テグス フロロショックリーダー 8lb
エ ギ エギ王LIVEサーチ 2.0号 ピンクゴールド他
数年前、知り合いにキャンプへ誘われ、道具も何もない状態の私達夫婦がキャンプへ行きました!

本当に何もないので1~10まですべてお世話になるという、まさに接待キャンプ!

海の近くだったので、波の音で眠れなかったということ以外は、とても楽しかった記憶があります。

そんな楽しかったキャンプをなんとか自前でやってみようということで日々こつこつ集めてきたキャンプ道具。。。

ついにデビューさせることになりました。

まだ計画の段階なので、実行されるかは正直なところ謎ですが

とりあえず9月の土日のいずれか・・・

天気がよければ行く予定ですが、なにかと初心者なものできっといろいろ忘れ物があるんでしょうね

ですが

「キャンプは不便を楽しむもの」

何か忘れたとしても現地でなんとかするのがプロのキャンパー!

プロ?(笑

ま、初心者ですが、そんな心意気でキャンプを楽しんで来ようと思います

あ、そうそう・・・まずは迷惑かけないようゴミだけはしっかり持ち帰るようにしよう!

まずはそこからだ!

釣りもキャンプもマナーが大事!

自然を大切にして楽しんできます~
2022年7月上旬、とある日の夕まずめ(日の入り付近)・・・
漁港を背に海を見つめるとかなり遠くに鳥山が見える
目測でおよそ1kmほど先、溢れ返るほどの鳥の群れだ

遠目で見えないがおそらく小魚が海を逃げ回り、
それを狙い何羽もの鳥が海面に突き刺さっている!
異常なまでの鳥の騒ぎ方を見る限り大量の小魚が泳ぎ回っているようだ

注目は海!


猛烈な勢いで水しぶきが上がっている
それも連続で!
遠くからでもかなり大きな水しぶきだと確認できる!

あきらかに大型魚が小魚を狙い海面をバシャバシャさせ
逃げ場を失った小魚が追い詰めてられている

いわゆる「なぶら」だ



弱肉強食の世界を見せつけられながら心が躍る

バシャー!

「おおお~!」

バシャバシャー!

「おおおおお~!」


水しぶきを見ただけでついつい声を張り上げてしまう

病気でしょうか(笑

いやいや、釣り人ならこの光景を見て声がでないわけがない!

遠目に見える水しぶきを眺め、
届きもしないルアーをなぶら目掛けて投げてみる
飛んでもせいぜい100m・・・
思い切りロッドを振るがまったく届かない

もどかしいものです

もっと近くに「なぶら」が来てくれないかと想い願うも
逆に遠くにいってしまう鳥と水しぶき・・・

運がない~

でも「なぶら」が見れただけでも収穫かもしれません
大型のブリがきっと近くにいるんでしょう
あの水しぶき、そんじょそこらの魚ではないはず!

影は見えた

あとは近くに来てくれることを祈って日々ロッドを振るのみ!
近々でかいブリ釣ったぞ報告ができることを期待して待っててください(笑

あ、ちなみに漁港内でこんなのが釣れました

ブリの幼魚ですね

まだ10cmそこそこのかわいい幼魚です
大きくなって帰ってきてくれることを祈ってリリースいたしました

ではでは~
ちょうど1年前の今日、、実はあの80cmのブリを釣りあげた日です。

ブリの活性水温は16℃~20℃!
函館近郊の海水温は現在14℃あたり!

今年は、まだ少し水温が低いのでブリはもう少し先かなと思いますがブリは近づいています
そろそろ準備をして、あの強烈な引きをまた味わいたいものです

去年の記事はこちら
北海道 道南の堤防からブリ ~2021~
連休中は比較的天気がよかったので、ほぼほぼイカ釣りを満喫してきました。
3月上旬から釣り始めたイカもついに1000杯の大台を超え、毎日イカ三昧な食卓になっています。
消費しては釣ってくるというサイクルを繰り返していますが、
消費も追いつかなく冷凍庫もパンパンですが、実家等に届けると喜んでもらえるのでもう少しイカ釣りを満喫したいなと思います。